サンゴ辞典【ハナヤサイサンゴ属】

[Pocillopora]

(ポチィローポラ)

群体の枝の間にはサンゴガニやサンゴテッポウエビ・ダルマハゼなどが住んでいる事が多く、日中も触手を伸ばしています。色彩は褐色・薄紫・ピンク・やや緑がかったものなど色彩変異に富みます。枝とコブ状突起は、細い枝・枝の先端部では区別がつき辛くなります。

共骨は顆粒で覆われ、ポリプの触手は12本で、日中は触手を伸ばすものの全開する事は少ないようです。雌雄(しゆう)同体でプラヌラ幼生を保有する産卵形態を取ります。月齢と密接した幼生放出で有名ですが最近になって無性的に短い間隔で幼生を生産している事が指摘されています。増殖は触手環外出芽で増えます。


《和名》ハナヤサイサンゴ

《学名》Pocillopora damicornis(Linnaeus,1758) 

    ポチィローポラ・ダミコール二ッス(リンネ,1758)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ハナヤサイサンゴ科

    >ハナヤサイサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル

《枝径》末枝・イボの径:1.5~3mm

《生息場所》礁地内~リーフ外縁・水深0~10m

《特徴》

サンゴ礁に見られる固着性の群体で、直径は最大500mm程度になりますが、その多くは小型群体に留まります。形状はカリフラワーの様な準塊状が基本ですが樹枝状になったりもしますし、枝も厚板状になる事もあれば細かく枝分かれする事もあり、波の強さや光の量など、生息環境による変異は著しいとされています。

群体の全面はコブ状突起に覆われ、このコブの上にもポリプがあります。サンゴ個体はミドリイシの様に突出はせず、共骨に沈みますが、わずかながら円錐状に突出する事もあります。莢(きょう=ポリプ1個が収納されるお家)はφ1mm程度と微細で明瞭な内部構造を欠くか、未発達な低い軸柱(じくちゅう)と不揃いな2環列12枚の隔壁(かくへき)があります。

これらはハナヤサイサンゴ属全般を共通する特徴で現在、約10種が知られており、サンゴ礁域北限の日本周辺海域には5種が分布しているそうです。本種は広範囲に分布しますが他の4種(イボハダハナヤサイサンゴ・チリメンハナヤサイサンゴ・ヘラジカハナヤサイサンゴ・Pocillopora woodjonesi Vaughan,1918)はサンゴ礁域に限られています。 

《飼育》

◎水質

清浄な場所に生息しますが、むしろ照明や水流にデリケートな様に感じます。成長そのものは早いサンゴ種です。

◎照明

概して一般論ですが、強めの光量を好む傾向にありますが、短波長・長波超両方を要求するように思います。またレイアウトのポイントですが、HANNA調べでは岩礁の斜面~水平面のやや凹みのある場所に固着している事が多い様に思います。

◎水流

これも生息地により好みが分かれる所ですが、一般論としてはやや潮通しの早く、沖から冷たい海流が流れ込むような場所に多く生息しているように感じます。先ずは中程度から始めてみられてはいかがでしょうか。こちらも上記の生態にある「枝ぶりと生息環境の関係」を参考にしながら様子を見てください。またデトリタスが溜まりやすい表面ですので、最低でもその点は注意が必要です。

◎給餌

他の生体のおこぼれで充分かと…小まめな天然海水での換水なら尚更、気にしなくても大丈夫そうです。


=イシサンゴ目の造礁サンゴ系統樹(分類)=

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン → 動物界 → 刺胞動物(しほうどうぶつ)門 → 花虫(かちゅう)綱 → 六放(ろっぽう)サンゴ亜綱 → イシサンゴ目 →亜目から下位が下記の分類です。

【ムカシサンゴ亜目】

【ウネリサンゴ亜目】

【クサビライシ亜目】

【キクメイシ亜目】

【チョウジガイ亜目】

【ハマサンゴ亜目】

【キサンゴ亜目】

・・・と、ここまでが造礁サンゴの内、イシサンゴ目に属する種です。*はイシサンゴ目に属するものの非造礁サンゴ扱いのものですが、上記の系統樹は日本サンゴ礁学会さんが2000年に作成したもので、分子遺伝学的検討に基づく分類(2009年)とはまた微妙に相違点がありますが、今の所はーという事にしておいてください。


イシサンゴ目の造礁サンゴに続いて、造礁サンゴでありながら、イシサンゴ目以外のものも一部ありますので触れておきます。

=イシサンゴ目以外の造礁サンゴ系統樹(分類)=

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  刺胞動物(しほうどうぶつ)門 → 花虫(かちゅう)綱 → 八放(はっぽう)サンゴ亜綱 → 目から下位が下記の分類

【アオサンゴ目】

●【アオサンゴ科】 [Helloporidae](イーリュウポーリディ)
    76【アオサンゴ属】 [Heliopora](イーリュウポーラ)

【ウミヅタ目】

  ●【クダサンゴ科】 [Tubiporidea](トゥビポーリディ)
    77【クダサンゴ属】 [Tubipora](トゥビポーラ)

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  刺胞動物(しほうどうぶつ)門 → ヒドロ虫(ヒドロチュウ)綱 → 目から下位が下記の分類

【アナサンゴモドキ目】

  ●【アナサンゴモドキ科】 [Milleporidae](ミィレポーリディ)
    78【アナサンゴモドキ属】 [millepora](ミィレポーラ)

以上が現在、造礁サンゴ扱いとされている種の分類です。


更にイシサンゴ目でも無ければ造礁サンゴでも無い・・・じゃあナニ?って感じですが、大きな括りとしては「六放サンゴ亜綱」や「八放サンゴ亜綱」って云うくらいですから、サンゴはサンゴです。ご存知、表情豊かなソフトコーラルやイソギンチャクなどの仲間をご紹介します。

=イシサンゴ目以外の非造礁サンゴ(分類)=

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  刺胞動物門 → 花虫綱 → 六放サンゴ亜綱 → スナギンチャク目 → 亜目から下位が下記の分類

【短膜亜目】

  ●【Neozoanthidae科】[Neozoanthidae]

    【Neozoanthus(属)】[Neozoanthus]

  ●【イワスナギンチャク科】[Sphenopidae](スペノピディ)

    【イワスナギンチャク属】[Palythoa](ファリトゥー)
      ・タマイワスナジンチャク[Palythoa lesueuri Audouin]
      ・タチイワスナギンチャク[Palythoa yongei Carlgren,1937]
      ・イワスナギンチャク(パリトキシン猛毒を持つ)

  ●【スナギンチャク科】[Zoanthidae](ゾンティディ)

    【スナギンチャク属】[Zoanthus](ズァントゥス)
      ・キクメマメスナギンチャク[Zoanthus sansibaricus ]
      ・フジマメスナギンチャク[Zoanthus aff. vietnamensis]
      ・クロシオマメスナギンチャク[Zoanthus kuroshio]
      ・ブドウマメスナギンチャク[Zoanthus gigantus]

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  刺胞動物門 → 花虫綱 → 六放サンゴ亜綱 → イソギンチャク目 → 科から下位が下記の分類

◎【ウメボシイソギンチャク科】[Actiniidae](アークティニィデ)

  ●【Antheopsis(属)】[Antheopsis](アントゥプシース)
    ・キッカイソギンチャク[Antheopsis koseirensis sensu Uchida & Soyama, 2001]

◎【ハタゴイソギンチャク科】[Stichodactylidae](スティショーダクティーディ)

  ●【Stichodactyla(属)】[Stichodactyla](スティショーダクティラ)
    ・グビジンイソギンチャク[Stichodactyla tapetum (Hemprich & Ehrenberg in Ehrenberg,1834)]

◎【ケイトウイソギンチャク科】[Thalassianthidae](タラッスェンティディ)

  ●【Heterodactyla(属)】[Heterodactyla](エテロダクティーラ)
    ・ミノイソギンチャク[Heterodactyla hemprichii  Ehrenberg, 1834]

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  刺胞動物門 → 花虫綱 → 八放サンゴ亜綱 → ウミトサカ目 → 亜目から下位が下記の分類

【ウミトサカ亜目】

  ●【ウミトサカ科】[Alcyonacea](アルチョナチェア)

    【ウミキノコ属】[Sarcophyton](サルコーフィトゥーヌ)
        ・オオウミキノコ[Sarcophyton glaucum(Quoy&Gaimard,1833)]

  ●【ウミヅタ科】[Clavulariidae](ラボラリィデ)

    【ハナヅタ属】[Pachyclavularia](パキケルヴラーリア)
        ・ムラサキハナヅタ[Pachyclavularia violacea (Quoy & Gaimard)]

  ●【チヂミトサカ科】[Nephtheidae](ニフタィディ)

    【トゲトサカ属】[Dendronephthya](デンドロネフティーヤ)
         ・オオトゲトサカ[Dendronephthya gigantea(Verrill,1864) ]
          ・ビロードトゲトサカ[Dendronephthya habereri Kükenthal,1905]
         ・トゲトゲトサカ[Dendronephthya mucronata(Pütter,1900)]

    【ハナトサカ属】[Stereonephthya](ステレオネフティーヤ)
         ・キバナトサカ[Stereonephthya japonica Utinomi,1954]
         ・アカバナトサカ[Stereonephthya rubriflora Utinomi,1954]

  ●【ウミアザミ科】[Xeniidae](テッセニーディ)

    【ウミアザミ属】[Xenia](テッセーニア)
         ・ブルームウミアザミ[Xenia blumi Schenk,1896]

もう、お気づきの事かと思いますが、普段私たちがよく言う、ハードコーラルなのかソフトコーラルなのか、或いは好日性か陰日性などの分け方は、現在の所、生物学的な分類では「全く関係が無い」ようなのです。しかもイソギンチャク類だって「六放サンゴ亜綱」に入っちゃう。。不思議~ですよね。

納得行かない部分がいっぱいあると思うのですが、2011年7月に独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)のマリンゲノミックスユニットがコユビミドリイシの全ゲノムを解読したそうです。当時は「世界で初めてサンゴの全ゲノム解読に成功」と大きく報道されました。また、その2年後の2013年7月には褐虫藻のゲノム解読にも成功したとか。おおぉ!!

更に、同ユニットは2014年5月にはサンゴ礁を形成する上で最も代表的なミドリイシ属の個体を的確に識別出来るDNA解析の手法を編み出したそうで、今後サンゴの分類に於いて劇的に大幅な改定が見込まれるハズ!なので発表有り次第、サンゴ辞典でも追記したいと思っています。


それでは最後に、サンゴではないけれど、タンクメイトとして欠かせないサンゴ礁の住民たちを一部ご紹介します。

=その他の海棲生物(分類)=

生物 → 真核生物(しんかくせいぶつ)ドメイン →  動物界  →  環形動物門多毛綱目から下位が下記の分類

【ケヤリムシ目】

  ●【ケヤリムシ科】[Serpulidae](セルプリディ)

    【Sabella(属)】[Sabella](サベーラ)
      ・ホンケヤリムシ[Sabella fusca Grube]

    【Sabellastarte(属)】[Sabellastarte](サベーラスターテ)
      ・インドケヤリ[Sabellastarte sanctijosephi(Gravier)]

  ●【カンザシゴカイ科】[Serpulidae](セルプリディ)

    【イバラカンザシ属】[ Spirobranchus ](スペロブランチュース)
      ・イバラカンザシ[Spirobranchus giganteus (Pallas)]
      ・オオナガレハナカンザシ[Protula magnifica]