ストロマトライト

突然ですが、私たちヒトが一体どのくらいの酸素を消費しているのか?

ご存知でしょうか。先ずは供給される酸素の量からご説明します。私たちが住む地表付近の大気中(一般に空気と呼ばれる)の主成分は、乾燥大気の場合で多い順から概ね・・・

《窒素(N2):78.1%》《酸素(O2):21%》《アルゴン(Ar):0.9%》《二酸化炭素(CO2):0.04%》

実際にはここに水蒸気が4〜1%未満、二酸化炭素についても時間帯や場所・季節によって変動があります。*(但し窒素・酸素・アルゴンの体積比は、高度90km付近までほぼ変わらない)

この大気を、私たちヒトが1回吸って吐くと呼吸によって酸素が使われる訳ですが、吸い込む時に21%あった酸素濃度は、吐き出す時には16%になっています。


「え?たったそれだけ?!少なくない〜?」




って声が聞こえてきそうですが、そうなんです。つまり一回で5%しか使っていない計算になるんですよ。でも〜70億人のヒトが同時に呼吸する度に5%ずつ減る訳でして、もちろんヒトだけでなく動物や微生物までありとあらゆる生き物を合わせると、ものすごい消費量ですから、いくら膨大な量の地球大気の酸素でも数千年でなくなってしまう卓上計算。でも私たちは遺跡からも確認出来るように何世代もに渡って数千年も事実生きて来たのですから、呼吸によって酸素が消費し尽くされる事が無かったのは明白です。

どうして酸素が無くならないか?周知、呼吸によって消費される酸素を光合成によって絶え間なく再生されているお陰なんです。酸素濃度は多くても少なくても多くの生き物にとって弊害があり、動物(呼吸)と植物(光合成)のこの絶妙なバランスの上に成り立っていると云えそうです。有り難くもあり、またとても不思議ですね。



生きている化石 [ストロマトライト]

世界遺産シャークベイ・ハメリンプール(オーストラリア)にある[ストロマトライト]は、35億年前から生息する世界最古の生物。澄み渡る入り江の水際一帯に広がる無数の岩のような塊です。実はこれが酸素形成の起源とされる光合成細菌なんです。炭酸カルシウムのコロニーに棲む藍藻(らんそう)ーシアノバクテリアなどの集合体で、今でも年に約0.3㎜ずつゆっくりと成長を続けています。

西オーストラリアでは有名な観光スポットで傷つけないように大切に保護され、干潮時には画像のように頭を覗かせる姿も観る事が出来ます。この辺りの海水の塩分は普通の海水の約2倍。高い塩分だからこそ他の生物に邪魔される事無く、今もなおゆっくりと成長を続けています。

*http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2002plantevo/virtual/2.html のWebページより画像を拝借させて頂きました。

カテゴリ:ようこそ!海の世界へ